宮城県運営の食情報発信ウェブサイト
宮城県運営の食情報発信ウェブサイト 食材王国みやぎ

MENU

どこからきたの?探検隊

どこからきたの?探検隊

寿司 ≪ねばりが違う日本米≫

ねばりが違う日本米

イネという植物(しょくぶつ)のタネの部分を、ぼくたちは「お米」として食べている。
もともとは東南アジアの植物で、中国から日本の九州地方に伝わったよ。
日本で初めて栽培(さいばい)されたのは、約3000年前の縄文(じょうもん)時代。
日本人とのつきあいは、とても古いんだね。
ご飯、おもち、せんべい、だんご、日本酒。
どれもお米で作られているんだよ。

ぼくたちが食べているご飯は、ねばりがあって、米のツブも短いものだけど、世界ではツブの細長い米がほとんど。
ご飯にしても、ねばりが少ないから、にぎってもすぐほぐれてしまう。
「にぎり寿司」が作れないんだ。
寿司がおいしいのは、日本の米のねばりのおかげかもね。

寒さや病気に強く、よりおいしい米になるように、日本では品種改良(ひんしゅかいりょう)が行われて、いろんな種類の米が新しく生まれているよ。
そのなかでも有名なのは、宮城県で生まれた「ササニシキ」や「ひとめぼれ」。
寿司にも、ぴったりのおいしいお米だよ。

前へ | 目次 | 次へ