宮城県運営の食情報発信ウェブサイト
宮城県運営の食情報発信ウェブサイト 食材王国みやぎ

MENU

どこからきたの?探検隊

どこからきたの?探検隊

スパゲッティ ≪日本にはいつ伝わったの?≫

日本にはいつ伝わったの?

スーパーには、いろんなタイプのスパゲッティが並んでいるね。
日本では乾燥麺(かんそうめん)がほとんどだけど、イタリアでは手打ちの生麺(なまめん)もよく食べられているよ。
イタリアで乾燥麺(かんそうめん)が出まわるようになったのは18世紀末、蒸気を使った機械が発明された産業革命のときだよ。
粉をひく機械や、麺を強い圧力で押し出す機械、人工的に乾燥させる設備などが発明されて、大量生産ができるようになったんだ。
工業の発達とスパゲッティって、関係があるんだね。

スパゲッティは、フォークでくるくる巻いて食べるよね。
でも今から500年ほど前までは、手づかみで食べていたんだよ。
庶民(しょみん)の食べ物だったスパゲッティをナポリの王様が「わしも食べてみたい」と言ったので、さあ大変。
肉さし用に使われていたするどい形のフォークを改良して、今のような平べったい形のフォークが作られたというわけ。おもしろいね。

前へ | 目次 | 次へ