宮城県運営の食情報発信ウェブサイト
宮城県運営の食情報発信ウェブサイト 食材王国みやぎ

MENU

どこからきたの?探検隊

どこからきたの?探検隊

カレーライス ≪日本の昔カレー2≫

日本の昔カレー1

日本に来たばかりのころは高級料理だったカレーだけど、昭和時代に国内でカレー粉が作られるようになると、家庭でもふだんの食事にだんだん食べられるようになってきた。
ご飯に合うっていうところが、カレーの人気が広まった大きなポイントだったんだ。

その頃のカレーは、カレー粉をとかした汁に小麦粉でトロッととろみをつけたもの。
肉が今ほどかんたんに手に入らなかったので、海が近いところでは魚を入れたカレーを作ったりもしてたんだ。
具といっしょに煮こむだけの固形のカレールウができたのは、40年くらい前。
今では「食べたい」と思った時にすぐに食べれるレトルトカレーや、レンジで温めるだけのカレーライスなど種類もたくさんある。
調査では、日本人は一人あたり平均月3皿のカレーライスを食べているんだって。
僕たちって、ほんとにカレーが好きなんだなあ。

前へ | 目次 | 次へ